睡眠の質を上げるためには、体のメカニズムを知った上で日々の過ごし方を考えることが重要です。

質の良い睡眠を促すには、体温がカギになってきます。
人の体は、体温が下がると眠くなる仕組みになっています。
それを上手く活用できるのが、お風呂の時間です。

眠る2時間前あたりに湯船につかり、しっかり体を温まっておけば、布団で眠る時間帯にちょうど体温が下がってくると言われています。

これを利用すれば、体温が下がって生じる眠気のおかげで、スムーズに眠りに入ることができるでしょう。
寝付きが悪い人はぜひ試してみてください。